【レビュー:HARIO (ハリオ) セラミックコーヒーミル】はじめてのミルは手動で決まり!

こんにちは。コーヒー大好きスリムパンダです。

 

コーヒーを好きになると段々と美味しい一杯に出会うべく味を追求したくなってしまいますよね。

 

自宅でコーヒーを楽しんでいる方にとって大事なポイントはコーヒー豆の保存状態です。すぐに飲めるようにとハンドドリップ用に挽かれているコーヒーの粉は豆のまま保存するよりも酸化するスピードの影響でどうしても味が落ちてしまいます。

 

とはいっても「豆を削る機械(ミル)って高いんでしょ?」と敬遠される方が大多数かと思います。

 

そこでおススメしたいのが手動タイプのミルです。

 

 

使用を開始して半年を経過したのでさっそくご紹介していきます。

HARIO (ハリオ)とは

ご自宅でコーヒーグッズを揃えるようになるといくつかのメーカーを耳にするようになります。この中でも特に耳に残るのがHARIO(ハリオ)さんです。

 

コーヒーに関わるグッズはもちろんお茶が調理器具なども販売されています。

 

暮らしに夢をお届けする~耐熱ガラスメーカーHARIOのホームページ。世界のバリスタに好評のV60、コーヒー・ティー・日本…

 

僕の自宅には今回ご紹介するHARIO (ハリオ) セラミックコーヒーミルの他、透過ドリッパー・コーヒーサーバーもHARIO社製品を愛用しています。

 

商品の内容

手挽きタイプのミルのため電源はもちろん必要ありません。

 

大きくわけると以下3つにわけられます。それぞれ簡単に取付・取り外しが可能です。

 

  • ハンドル部(臼部に動力を伝える)
  • 臼部(豆を粉砕する)
  • ボトル部(挽かれた粉を受け止める)

 

 

 

そしてコンパクトなサイズなので置き場所にも困りません。KALDIのキャニスター缶をおいてみるといかにスリムなのか一目瞭然ですね。

 

僕の場合はコーヒーグッズ置き場の隙間にうまくフィットしました。

 

使用方法

豆を用意する

まずは焙煎された豆を用意します。HARIO (ハリオ) セラミックコーヒーミルは1~2杯分しか豆を挽けないため20g~25g程度が上限と覚えておいてよいかと思います。

 

僕はここ最近自家焙煎した豆しか挽きませんが、カルディなどで購入されている方は購入時に「豆のまま持ち帰ります」と店員さんに伝えれば焙煎豆のまま持ち帰りが可能です。

 

自家焙煎を始める前はカルディで購入したのですが、焙煎豆のまま購入する際はなんだか自分がレベルアップしたような気分になったのをよく覚えています。

挽く粗さを調節する

ここは結構ポイントです。時計周りに回すと細かく、反時時計周りに回すと粗く引くことができます。しかしながらHARIO (ハリオ) セラミックコーヒーミルは目安というか目盛りがないため、一度挽いてみて粗さを確かめる必要があります。

 

自宅でコーヒーを楽しむ場合、ペーパードリップであれば中挽き、フレンチプレスであれば粗挽きといったところですね。

 

僕の場合はどのようにして毎度毎度調整しているかというと、調節ネジを回した際に出てくるシャフトのネジ溝が何本残るかというのを目安にしています。現在はネジ溝が2本見えてくるまで締め付けるようにしています。

 

 

何回調節ネジをまわしたか、カチカチ音が何回なったかなど締め付けの目安は様々ですが僕は忘れっぽいのでどの程度ネジが飛び出しているか(ネジ溝がどの程度か)を目安にしています。

 

豆を投入する

用意した豆の投入です。容器に入れているのであればスプーンなどを使うとこぼすことなく投入が可能です。
この写真を撮影した際は子どもたちにも遊んでもらいながら教えていたため、手で一粒ずつ投入しています。

豆を挽く

いよいよ豆挽きです。はじめに調節した粗さ調節で締めすぎていると細く挽ける反面、ハンドルを回す際に力を必要とします。
ハンドルの上部にも刻印されていますが、ハンドルを回す方向は必ず時計回りにまわします。取扱説明書にも記載がありますが、反時計回りにまわすと挽き臼を痛めてしまうそうです。

完成

そして完成です。お疲れさまでした。

 

挽いた豆から漂うコーヒーの香りは最高で一度味わうとさらにコーヒーのことが好きになります。この挽きたてのコーヒー粉をドリップするとさらに最高のひと時を味わうことができます。それはドリップしてのお楽しみです。

お手入れ

 

僕が最も重要視しているのがこのお手入れです。

 

機械を新品で購入してもノーメンテナンスで使い続けることは不可能だと思います。手動である手挽きミルも同じようなことがいえます。

 

コーヒー豆は油分を含んでいるため手挽きミルで削り続けていると中に微粉がこびりつきます。毎回ではないにしろ、1週間に一度はお手入れが必要ですね。

 

今回ご紹介しているHARIO (ハリオ) セラミックコーヒーミルは臼部分を分解して水洗いが可能です。なんと清潔感のある仕様でしょうか。

 

分解と聞いてため息をついた方に朗報です。機械音痴な方でも全く問題なく分解・組み立てが可能です。詳しくは取扱説明書をご参照ください。

 

 

総評・まとめ

半年間使用しての総評ですが、価格も安くお手入れもしやすい。100点満点中90点の評価です。

 

残りの10点は粗さ調節を行う目安がなかった点です。どの程度の締め付けで中挽きなどの記載が欲しかったですね。

 

それにしても「新品で買ったのに動かなくなったー」なんて悲しいことは発生しない分、はじめてのミルとしてはとてもコスパの高い品物ではないかと感じます。

 

はじめてのミル購入にはぜひこのHARIO (ハリオ) セラミックコーヒーミルをおススメします。

 

よいコーヒーライフを!

 

最新情報をチェックしよう!