鼻炎(鼻水・くしゃみ)がひどい?それってただの鼻炎じゃないかも? ~アレルギー性鼻炎~

  • 2018-10-21
  • 2018-10-27
  • Life
  • 5View
  • 0件

こんにちは。スリムパンダ(@scan1001)です。

 

あなたの周りに寒くもないのに年中鼻をかんでいて、ティッシュが欠かせないってお知り合いはいませんか?

 

僕は年中というわけではありませんが、時々滝のように鼻水がだらーっとしたり、くしゃみが止まらなくなってしまってティッシュが欠かせない時があります。この症状が出たときはなーんにも集中できずに1日を過ごしてしまいます。

 

 

僕が時々発症する鼻炎の症状、実はただの鼻炎ではなく

 

アレルギー性鼻炎 なんです。

 

放っておくと1日何も手をつけられずに無駄にする日が増えてしまいます。

 

本記事では僕の経験を交えながらアレルギー性鼻炎についてご紹介します。

 

 

この記事を読んでほしい方

  • アレルギー性鼻炎ってなに??と思った方
  • 鼻炎の症状っぽいけど通院したことがない方
  • 自分自身またはお子さんが時々『鼻水とくしゃみ』が止まらないことがあるという方

 

アレルギー性鼻炎とは?~主な症状

一言で、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状を引き起こすアレルギー性の鼻炎です。

 

大きく分けて一年中症状のある通年性アレルギーと、ある時期だけ症状のある季節性アレルギーがあります。

 

特徴的な症状は以下の通りで発症すると1日中症状が出続けます。

  • 水のようにたらーっと流れる鼻水(粘着性がない)
  • 止まらないくしゃみ
  • 目と鼻のかゆみ

 

 

スリムパンダ
鼻水が止まらないと何も集中できないよー。。。

 

アレルギー性鼻炎かどうか正しく判断するには?

いくら自分で調べても正しく判断することはできませんので、病院で検査を受けましょう。検査にはいくつかありますがぼくが体験した次の2つをご紹介します。

 

アレルギー性鼻炎の検査は病院によって扱っていない場合もありますので、事前に問合せを行うことをおススメします。

 

血液検査

採血をしてアレルギーと関係する要素がないか調べます。

 

うちの子供たちは1歳ぐらいの時からよく鼻水をたらして小児科に大変お世話になっていました。

 

「小さい頃はよく鼻水をたらすもの」と勝手に思い込んでいましたが、ある日小児科の先生に勧められ血液検査を受けることになりました。

 

その結果、、、

 

見事に『アレルゲン反応あり』との結果が出ました。

 

この時点ではまだ『アレルギー性鼻炎の疑いあり』レベルでしたので、耳鼻科で詳しく診てもらうことになりました。

 

スリムパンダ
なんだか自分と同じ症状だなぁ。

 

皮膚パッチテスト

引用:医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト|メディカルノート

アレルゲンが疑われる物質(ハウスダスト・ダニなど)を腕などに貼り付けし、皮膚の赤みなどをみて判断します。

 

子ども達だけを検査してもらう予定でしたが、自分自身の症状も似ている気がして一緒に検査してみました。

 

結果は、、、

 

『ハウスダスト・ダニ 陽性反応あり』

 

つまり親子揃って全く同じアレルゲンを原因としたアレルギー性鼻炎と判明しました。(先生から話を伺うと、鼻炎って遺伝性が強いそうなのです。)

 

なんと、30数年生きてきてはじめて自分の体質の一つを正しく理解できたんです。

 

スリムパンダ
検査してよかったー

 

アレルギー性鼻炎が出てきた時の対処・予防策

医師から処方された薬を服用する

1番効果的なのは耳鼻科で処方されるお薬を服用することです。

 

処方されるお薬はアレルギー症状を抑えるお薬と、鼻の中に注入する点鼻薬があります。

 

ビックリするぐらいの量が処方されたりしますが、症状が収まっても自己判断で中止せずに先生の指示に従って飲み切るようにしましょう。

 

症状が収まっているように感じても体は敏感な状態がまだ続いています。

マスクを着用しよう

お薬の服用と併用したいのがマスクの着用です。

 

アレルギー症状でくしゃみや鼻水が出てくると、なかなか症状は収まりません。これは鼻がすごく敏感な状態になっていることが理由です。

 

マスクを着用すると吸い込む物をフィルタすることができるので、くしゃみなどの頻度を減らす効果があります。

 

ボク自身マスクを着用するようにしてだいぶ症状が和らぐことを実感できています。

 

注意したい点は、症状が出た場合は外出先だけでなく自宅でもマスクを着用する点です。自宅の中は意外にもアレルゲン物質の宝庫なので、症状が収まるまではきちんとマスクを着用しておきましょう。

 

スリムパンダ
マスクの効果ってすごいよ!

 

アレルゲンの発生元に近づかない

アレルギー性鼻炎と自覚するようになると、『ここはホコリが多そう』、『ダニが多く発生していそう』など意識するようになります。

 

予め悪環境であることがわかる場合は、避けるかまたはマスクを必ず着用しましょう。

 

 

アレルゲンを除去する家電を導入(布団掃除機・空気清浄器)

寝床は湿度が高くダニなどが多く住みついている可能性があります。ここでおススメなのが布団掃除機です。

 

布団が干せない環境にある方や、雨の日に外に干せない場合でもこれがあるだけでいつでも寝床を綺麗に保つことができます。

 

 

また、お子さんがいらっしゃる家庭では家の中で走り回るシーンが多いかと思いますが、この瞬間目に見えませんが、下に蓄積されたアレルゲンが宙に舞っています。

 

我が家ではリビングと寝室に1台ずつ加湿機能付き空気清浄器を導入しました。冬場は加湿機能をONにして乾燥対策にもおススメで重宝しています。

 

空気清浄器は結構なお値段がするので、、リビングはSHARP(シャープ)のプラズマクラスター、寝室はアイリスオーヤマの空気清浄器を導入しました。どちらもお手入れが簡単なので妻も喜んでいます。

 

 

 

 

 

アレルギー性鼻炎って根本的に治療はできるの?

子どもと一緒に通院していますが、先生からあるお薬を紹介されました。

 

『ミティキュア ダニ舌下錠』

 

ミティキュアはダニアレルギーのもとが入っているお薬で、徐々にダニアレルゲンに強くさせてダニによるアレルギー性鼻炎の症状を出にくくするもののようです。

 

治療は数か月から数年と長期的に行うもののようで、我が家では僕も含めこれから取り入れようとしています。費用・治療内容などの詳細は別記事で今後アップしたいと思います。

 

子どもたちの将来、今後の医療費のことも考えると治療を取り入れることに大きな意味があると考えています。

 

さいごに

ボクは小さい頃からしつこいくしゃみと鼻水に悩まされてきましたが、本当の症状を知ったのは大人になってからでした。

 

我慢したり、わけもわからず体の不調と付き合うことは大きなストレスとなりますし、1日を無駄にすることが多くなります。

 

自分の体のことをしっかりと理解してストレスのない生活を過ごせるようになると今の生活よりも明るくなることは間違いありません!

 

思い当たる症状をお持ちの方は一度通院されることをおススメします!

 

・くしゃみ・鼻水・鼻づまりがなかなか止まらない場合はアレルギー性鼻炎の疑いがある

・アレルギー性鼻炎はいくつかの検査で判断ができる

・マスクの着用は症状を軽減する大きな効果がある

・根本的な治療としてミティキュアの服用がある(長期的な治療)

 

最新情報をチェックしよう!